展示会・セミナーについて

【名古屋・セミナー】
全国縦断公開セミナー

事業継続、業務改善をリードする統合文書情報マネジメント(ECM)
~事業継続にも重要なe-文書法の最新動向~

【基調講演】統合文書情報マネジメント(ECM)市場の最新動向とJIIMAの活動
クラウド、SNS等の急激な展開を見せる内外の動向や、3.11震災後の日本の動向について述べます。また、これらの動きに対し、電子化の推進を図る政策提言を先期の行政文書に続き「クリニックの医療情報の電子化とバックアップセンターの設立、e-文書法の規制緩和」等を通じ、より一層の電子化の普及促進を目指すJIIMAの活動と、企業や組織のマネージャー層に対し、文書管理の在り方を意識付ける新資格制度の導入や、Blu-ray Diskのガイドライン、Web用語辞典の開設等新しい活動を紹介します。

建築三法の改正から、図面・図書保存の課題解決に向けた業界動向とその後
改正法施行による図書保存の義務化により、建築業界におけるガイドライン発行、啓蒙活動を通じた実情について、及び行政による確認申請の電子化の動向についてご説明いたします。

導入が始まったe-文書法要件電子化の事例とポイント
商取引における見積書や納品書、医療における同意書や承諾書のスキャン電子化、輸出入業務の電子文書等の真正性を確保した保存で原本廃棄を目指す、電子証憑化が進んで来ています。最近の事例とそのポイントを中心に、エンドユーザーだけでなく、文書電子化に関わる全ての人にその利点、重要性を紹介します。

愛知県産業労働センター「ウインクあいち」1007会議室
名古屋市中村区名駅4丁目4-38
9月11日(火)
13:30~16:40

詳細は以下のページをご覧ください。
http://www.jiima-net.jp/2012nagoya/2012JIIMAseminar_nagoya.pdf